facebook
Twitter
Twitter
Search:

立花家の刀剣展に雷切丸登場!

2016/4/20

4月に入り、毎年恒例の刀剣展の季節となりました。

4月15日から始まった、今年の刀剣展は

特集展示「よくわかる刀剣のみかた-柳川藩主立花家伝来の刀剣-

です。

201604420_02

 

 

 

 

 

 

この展示では、脇指 無銘(雷切丸)をはじめ
国宝「短刀 銘吉光」や、重要文化財「剣 銘長光」など
初代柳川藩主・立花宗茂ゆかりの刀剣を中心に
立花家の歴史をものがたる刀剣と刀装具を紹介しています。

201604420_03

 

 

 

 

 

 

今年は国宝の吉光と重文の長光、それに雷切丸の
3口がそろって展示されていますが
実はこんな機会は、これから数年間はありません。

※追記
熊本地震の余震から文化財を保護するため
国宝「短刀 銘 吉光」と、重要文化財「剣 銘 長光」の
展示期間を制限することとなりました。
4月25日~4月28日、5月2日、5月6日は
どちらも展示しておりませんのでご注意ください。
その他の展示はご覧いただけます。(追記終わり)

※さらに追記
国宝「短刀 銘 吉光」と、重要文化財「剣 銘 長光」の展示期間を
6月5日(日)までに短縮することとなりました。
また6月5日までのうち、以下の日は展示しておりません。
5月10日、11日、12日、17日、19日、20日、26日、27日
6月3日
6月6日(月)からは、国宝「短刀 銘 吉光」と重要文化財「剣 銘 長光」に代えて
初代柳川藩主・立花宗茂所用の鑓2口を展示します。
既にご観覧予定をたてられていた方には大変申し訳ございませんが
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(さらに追記終わり)

 

201604420_04

 

 

 

 

 

 

吉光の向こうに雷切丸。

 

201604420_05

 

 

 

 

 

 

こちらは長光です。

他にも刀装具や刀筒などもありますが
こんなものもあります。

「御腰物由来覚写」

201604420_06

 

 

 

 

 

 

立花家の刀剣の由緒が書かれたものです。
開いているページは、雷切丸の箇所。
江戸時代のものですが、比較的読みやすい字で書かれていますので
どうぞじっくり読んでみてください。

 

立花家史料館の展示室は撮影自由です。
ただし一脚や三脚などの使用と、フラッシュ等追加照明の使用は
他のお客様の鑑賞のさまたげとなりますのでご遠慮ください。

 

刀剣展開催に合わせて、新しいグッズも完成しました。

「雷切丸チケットホルダー」

201604420_16

 

 

 

 

 

 

 

表面には脇指 無銘(雷切丸)と立花雷切丸くん。
これは2種類というわけではなく、表と裏です。

 

201604420_17

 

 

 

 

 

 

ぱかっと開けると、雷切丸の説明。
そしてチケットを入れるスペースの他に
カードを入れるスペースが2箇所。

こちらの商品は、立花家史料館前の売店にて
378円(税込み)で販売しています。

 

刀剣展のチラシは、西鉄福岡(天神)駅と西鉄柳川駅のメディアボックスに
5月13日まで設置しています。

201604420_13

 

 

 

 

 

 

 

201604420_14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くをお通りの際は、ぜひ手に取ってご覧ください。

チラシの裏は、新聞の号外風で
これを読めば「雷切丸」の名前の由来がわかります。

201604420_18

 

 

 

 

 

 

 

表面にいる、チケットホルダーにも描かれていた、このキャラクターは「立花雷切丸」くん。
雷切丸を擬人化した、当館オリジナルのキャラクターです。(twitterやってます
よくよく見ると、いろんな小ネタが仕込まれているので
じっくり探してみて下さい。

また「千鳥よ!この稲妻を斬ってみよ!!」のコピーは
柳川みのり幼稚園の次回劇の冒頭のセリフから、許可を得て、頂戴しました。

 

お得な情報をもうひとつ。

柳川古文書館の常設展「保存のかたち~史料を守り、伝える~」では
戸次道雪関連文書を特別に公開しています。

201604420_19

 

 

 

 

 

 

(柳川古文書館の展示室は撮影禁止です。許可を得て撮影しました。)

立花家史料館と柳川古文書館で、道雪三昧しましょう。
このあと三柱神社に行けば、さらに完璧。

 

特集展示「よくわかる刀剣のみかた-柳川藩主立花家伝来の刀剣-」は7月4日まで。
みなさまのご来館を心よりお待ち申し上げております。

 

▲ページの先頭へ

へっちゃらな夏、あります。

2014/8/12

立花家史料館では現在、こども企画展「あつまる!アニマル!たまに…オバケ?」を開催しています。

これは、こどもたちが親しみやすいように
伝来の大名道具のなかから、動物があらわされた作品を集めた展覧会です。

中でもオススメ作品は、江戸時代後期に描かれた「芸州武大夫物語絵巻」。

20140812_03

 

 

 

 

 

 

 

 

広島県の三次藩士・稲生武大夫が、16歳のときに30日間にわたって
オバケと対決した実話が元になった、全3巻の長い絵巻で
夏休み期間を6期にわけて、絵巻の全話を展示しています。

 

このお話の主人公・武大夫は16歳当時、平太郎と名乗っていました。
平太郎はある日、友達の権八(相撲取り)と、山で百物語をします。
それからしばらく経った7月1日、平太郎と権八の元に、オバケがやってきました。
それから30日間、オバケは毎日やってきて、いろんないやがらせをします。
でも心の強い平太郎は、どんなオバケが来ても、へっちゃらです。

 

20140812_08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝ているところに突然でっかいカエルが現れたって、へっちゃら。

 

20140812_10

 

 

 

 

 

 

 

友達みんなが怖がるような怪奇現象があったって、へっちゃら。
布団でゆっくりおやすみなさい。

 

20140812_11

 

 

 

 

 

 

 

 

天井からぶくぶく泡が現れたって、へっちゃら。

 

20140812_12

 

 

 

 

 

 

 

 

行灯がいきなり燃える塔になっても、へっちゃら。
お茶を飲みながら読書です。

 

20140812_13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青白い裸の何かをうっかり踏みつけたって、へっちゃら。
「あ、ごめん。そこにいるの気付かなくって。」

 

20140812_14

 

 

 

 

 

 

 

 

集団でやってきた虚無僧に添い寝されたって、へっちゃら。

 

そんな何事にもへっちゃらな平太郎のお話ですが、絵巻の字は読みづらいので
「へっちゃらへいたろう」と題して、絵巻に書かれている文章を元にした解説を設けました。

20140812_04

 

 

 

 

 

 
 

子供にもわかるように作った解説ですが、もちろん大人が読んでも面白いです。

 

また夏休み期間中は毎日、小学生以下を対象とする楽しいイベントを開催しています。

★楽しいイベントその1
「特製おばけカードプレゼント」

入館した小学生以下のお子様には、立花家史料館特製おばけカードをプレゼント。
これは、へっちゃらへいたろうに登場するオバケをモチーフにしたカードです。

20140812_01

 

 

 

 
 

 

カードは全部で8種類(うち1枚はシークレットカード)。
ちなみにオバケの名前や特徴は、スタッフが自由に考えました。

 

もらえるカードは週替わり。
「今週のカード」は、立花家史料館facebookページや、「へっちゃらへいたろうしんぶん」でお確かめください。
「へっちゃらへいたろうしんぶん」は、立花家史料館前に掲示してあるほか

 

20140812_02

 

 

 

 

 

 

 

 

公式サイトでダウンロードもできます。

おばけカードを3枚以上集めたら、なんとシークレットカードをプレゼント。
ただしシークレットなのにキラキラしてはいないので、がっかりしないように。

 

なお大人の方でおばけカードが欲しいという方は、受付でお申し出ください。
「今週のカード」を1枚、特別に差し上げます。

 

★楽しいイベントその2
「立花家史料館からの指令!うまのかず かぞえてみる」

ヒントの地図を手がかりに、展示を楽しみながら
展示品の中にいる「馬」の数を数えるゲームです。

20140812_05

 

 

 

 

 

 

 
「馬」がいる展示品のあたりには、この「うマーク」シールが貼ってあります。
これをヒントに馬を探してみましょう。
ただし数えるのは「うマーク」の数ではなく、展示品の中にいる馬の数ですので、ご注意を。

ゲームに参加したお子様には、特製オバケカードを1枚プレゼントします。
これは「今週のカード」ではなく、好きなカードをお選びいただけます。

 

★楽しいイベントその3
「ぬりえのびょうぶ 作ってみる?」

受付前に、ぬりえの台紙を置いたテーブルがあります。

20140812_06

 

 

 

 

 

 

 

ここにあるクレヨンで塗ってもよし、おうちに持って帰って塗ってもよし。
塗り終わったら切り取って、線に沿って山折り谷折りして、立ててみましょう。
オバケの屏風が出来上がります。

目の位置を変えたりして、いろいろな屏風の見え方を楽しみましょう。

なお、受付前で出来るのは「塗る」ところまで。
ハサミ等の貸し出しはいたしません。
切り取ったり折ったりは、おうちに帰ってからのお楽しみ。

 

以上、お子様向けイベントのご紹介でした。

 

残りの夏休みは、立花家史料館で楽しく過ごそう。
アニマルとオバケとへいたろうが、みなさんのお越しをお待ち申し上げております。

▲ページの先頭へ

夏休みイベントその2 ぬりえの屏風作ってみる?

2012/7/26

立花家史料館で夏休み期間に開催中のイベント。
本日は「その2 ぬりえのびょうぶ作ってみる?」を紹介。

 

こちらのイベントを開催している場所は、実は史料館ではありません。
会場は、柳川藩主立花邸 御花の敷地に入ったら左手にある、この建物。

 

20120726_01

 

 

 

 

 

 

 

どーん!
宿泊や宴会などに使われる建物「松濤館」です。
こちらの正面玄関を入って、まっすぐ行くと…

 

20120726_02

 

 

 

 

 

 

 

 

レストラン「集景亭」があります。
ぬりえの屏風イベント会場はこちらでございます。

 

20120726_04

 

 

 

 

 

 

 

店内に、台紙と色鉛筆・クレヨンをご用意いたしました。
そして、ぬりえの屏風台紙はこちら。

 

20120726_06

 

 

 

 

 

 

 

またまたお化けさんたちにご登場願いました。
おばけシールでもお世話になった、
リラックス虚無僧や、きりっとした顔の壁などの他、
ダブル虚無僧、謎の瓢箪もお目見え。
これらの絵が描かれた絵巻は史料館で展示中ですので、
展示をご覧になった後にぬりえを楽しむことを、おすすめします。

色を塗って、実線で切り取り、山折り谷折りすると、
おばけの屏風のできあがり。
空いたところに、自分で絵を加えても楽しいかも。
対象は小学生以下のお子様ですが、
大人の方向けに、屏風について詳しくなるための解説も付いてます。

開催時間は11時から15時までですので、お昼ご飯がてらお越し下さい。
ぬりえがあれば、せいろ蒸しの待ち時間もあっという間。
もちろん週替わりランチもご用意しております。
さらにドリンクメニューも、こんなに豊富。

 

20120726_03

 

 

 

 

 

 

 

 

美ママを目指す方は、プラス30円のコラーゲンゼリーをどうぞ。

 

 また、 ここレストラン集景亭は、小さなお子様がいるご家庭にさまざまなサービスを提供する、
福岡県の「子育て応援の店」に登録されています。

 

20120726_07

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様連れでも安心しておくつろぎいただけるよう、
さまざまな準備をしておりますので
どうぞお気軽にお越し下さい。

 

なお店内に、本日ご来店いただいた、さっちゃんの作品を
見本として置いております。

 

20120726_05

 

 

 

 

 

 

屏風の出来上がりはこんな風です。

 

節電の夏は、レストラン集景亭でクールシェア。
涼しい店内で、緑いっぱいの東庭園を眺めながら、
おいしいお食事と、楽しいぬりえをお楽しみください。

▲ページの先頭へ

夏休みイベントその1 おばけシールをゲットする?

2012/7/23

先週末から、いよいよ夏休みが始まりましたね。
夏休み期間中立花家史料館では、子供向けイベントを毎日開催しています。

イベントは全部で3つ
その1 「お題」クリアで “おばけシール” をゲットする?
その2 ぬりえの「びょうぶ」作ってみる?
その3 あやしい「カッパの手」をかんさつしてみる?

今日は、これらの中から「その1」の内容を紹介します。

 

おばけシールをゲットするためのお題、それはこちら。
「展示品の中にいる馬の数をかぞえる」

ではまず、お題をクリアしましょう。
馬の展示品は主にこの辺にあります。

 

20120723_01

 

 

 

 

 

 

 

でも、ここだけじゃなくて

 

20120723_12

 

 

 

 

 

 

 

この辺とか

 

20120723_02

 

 

 

 

 

 

 

この辺とかも、探してみた方がいいかも。

正解がわかったら、もう一度史料館受付へ行きましょう。

 

20120723_03

 

 

 

 

 

 

 

そこには、このような正解ボックスがあります。

 

20120723_04

 

 

 

 

 

 

 

中の紙を、不思議なライトで照らすと……答えが見えます。
正解したらもらえるのがこのシール。

 

20120723_05

 

 

 

 

 

 

 

この中から1枚選んでください。
好きなところにぺたっと貼ってね。

 

ところでこのおばけって何なの?というあなたのために、おばけ解説。

これらのおばけは、現在展示中の「芸州武太夫物語絵巻」に出てきます。
「芸州武太夫物語絵巻」とは、広島の武士・稲生武太夫(当時の名は平太郎)が16歳のとき
30日間にわたっておばけと対決した話を元に、全3巻もの長い絵巻にしたものです。
対決とは言っても、おばけは地味ないやがらせをするばかりなので
どちらかというと、平太郎とおばけとの根競べです。

若いながらも肝の据わった平太郎くんは、どんなことをされても割とへっちゃら。
そこで、現在展示室では「へっちゃらへいたろう」というタイトルで、
お子様向け解説を掲示しています。
大人にもわかりやすい、絵本風解説です。

 

では、このシールのおばけたちを、詳しくご紹介いたしましょう。

エントリーナンバー1番、フレンドリーな一つ目(付属品お茶)。

 

20120723_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの一つ目さんは、1番最初に現れたおばけです。
平太郎のお隣の権八(相撲取り)のお宅にやってきました。
このとき権八は金縛りにあって、動けなくなったそうです。

 

続いてエントリーナンバー2番、紐付ひきがえる。

 

20120723_08

 

 

 

 

 

 

こちらのかえるは12日目の夜、平太郎が寝ていたところ
押し入れから出てきました。
かえるの胴に紐がついていたので、平太郎はこの紐を握り、
そのまま睡眠を継続しました。
さすが、へっちゃらへいたろう。

 

エントリーナンバー3番、リラックスしすぎな虚無僧。

 

20120723_07

 

 

 

 

 

 

28日目の夜、他のたくさんの虚無僧たちと共にやってきました。
寝ている平太郎の傍ら、居間の一面に虚無僧(しかも尺八を吹く)。
迷惑極まりない。
その上こちらの虚無僧は、縁側に寝転がったりして
まったく緊張感がありません。

 

エントリーナンバー4番、きりっとした顔の青かべ。

 

20120723_09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30日目の夜、平太郎宅の壁に現れました。
恐ろしげなトンボの如き目が突き出し
青光りしていましたが、やがて消えました。
この絵では、あまり恐ろしげな感じはしませんが。

 

エントリーナンバー5番、わっしょい青鬼。

 

20120723_11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばけとの数々の根競べに勝利した平太郎のもとに
天下の魔王・山本(さんもと)五郎左衛門が敗北宣言をしに現れます。
そしておばけたちは、行列をなして帰ってゆきます。
この青鬼は、天下の魔王・山本五郎左衛門を乗せた駕籠を、わっしょいと担いでいるところなのです。

 

最後にエントリーナンバー6番、我らが平太郎くん。

 

20120723_10

 

 

 

 

 

 

こちらが根競べの勝者、へっちゃらへいたろう、その人です。
とても16歳とは思えない落ち着きっぷりで
私たちを楽しませてくれます。

 

この6種の中から1枚だけを選ぶことができますよ。
どれにしようかな。

そうそう大事なことをお伝えし忘れておりました。
こちらのおばけシールをゲットする企画、
対象は、原則として小学生以下のお子様です。

 

さあ夏はまだ始まったばかり!
何をしようか迷っているそこのあなた!
プールもいいけど、立花家史料館(涼しい)で馬の数をかぞえてみる?

▲ページの先頭へ

ただ今展示替え中

2011/12/6

好評につき期間延長していた特集展示「立花氏庭園の世界」展も、12月4日で終了しました。
ご来館くださったみなさま、ありがとうございました。

 

さて5日から9日までの間、史料館は半室休室して展示替え中です。

 

 

20111206_01

 

 

 

 

 

 

 

 

秘密の白い布の奥はどうなってるのかな?

 

 

20111206_02

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらっ。
撤収作業中です。

 

 

20111206_03

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、常人の3倍の働きをする
ヤマトロジスティクスさんにお手伝いをお願いしております。
左端に写っているのは、14代当主寛治の肖像画。
この数ヶ月間、展示ケースの中からこちらを見守っていた寛治さんとも
しばしのお別れです。

▲ページの先頭へ

特集展示「立花家の甲冑」

2011/4/26

4月23日より特集展示が始まりました。
その名も「立花家の甲冑〜よくわかる甲冑の見方〜」です。
11042501

 

 

 

 

 

 

 今回は「甲冑」と書いて「よろいかぶと」と読みます。
 

初めて甲冑を見る方にもわかりやすく説明した展示にしております。
今回の目玉は、具足を分解して部品全部をずらりと並べたコーナーです。
11042503

 

 

 

 

 

 

11042504

 

 

 

 

 

 

 

下帯(ふんどし)から…

11042507 

 

 

 

 

 

 
兜や…

11042508

 

 

 

 

 

収納袋まであります。

具足ってこんなに部品があるんだなあ、と感じていただけると、これ幸いです。
具足の着用の仕方も解説(イラスト付)してますよ。

もちろんおなじみの金甲も輝きながら展示中です。
11042506

 

 

 

 

 
ぴっか〜ん

みなさまのお越しをお待ちしております。

ちなみに久留米の有馬記念館では「有馬家の甲冑 大熊小熊」展が開催中です。
そちらとあわせてどうぞ。

▲ページの先頭へ