立花家史料館 Tachibana Museum

ホーム  >  展示案内  >  現在の展示
現在の展示

特集展示「刀を見る、伝来を知る 柳川藩主立花家伝来の刀剣
Sword Exhibition -Exploring the Functional Beauty of Japanese Swords-

2019年4月12日(金)〜7月15日(月)

photo

初代藩主・立花宗茂が元和6年(1620)に柳川に再封されて以来、明治維新まで代々柳川藩11万石を治めてきた立花家。江戸時代の立花家は、大名の家格に相応しい刀剣を多数所持していましたが、現在、立花家史料館が所蔵する伝来の刀剣は、20口にも及びません。しかし、これらはどれも立花家にとって最も重要な意味をもつ刀剣類であり、それぞれの刀にまつわる逸話には、立花家の歴史が映し出されています。
本展では、特に近世大名立花家初代・戸次道雪(鑑連)と、その跡を継いだ宗茂にゆかりの深い刀剣を中心に、柳川藩主立花家に伝来した刀剣をご紹介します。名刀と賞される刀剣の機能美を、立花家の歴史とあわせてお楽しみください。

ギャラリートーク

6月22日(土)/6月30日(日) 午後2時から45分程度 参加無料
本刀剣展担当学芸員が展示している刀剣の鑑賞ポイントや伝来について解説します。
※展示室で開催しますので当日の入館券が必要(事前申し込み不要)

The Tachibana family had ruled the Yanagawa domain with a territory of 110,000 koku (unit for measuring land), since 1620 when the former lord of the domain, Tachibana Muneshige, came back to Yanagawa and became the lord of the Yanagawa domain again. Since the first Lord Muneshige, the successive lords of the family continued to govern the domain until the Meiji Restoration in 1867.
In the Edo period, the family possessed many swords which were all suitable for the status of feudal lords. Today, however, less than only 20 of them remain and are being stored in the Tachibana museum. Each sword holds its own significant meaning and unique story which reflects the family’s history.
This special exhibition introduces the swords that were handed down in the Tachibana family, with a particular emphasis on those with a deep connection to Bekki Dosetsu, the first head of the family, and his successor, Muneshige. We hope you enjoy the functional beauty of the noted swords and the history of the Tachibana family.

※2019年7月9日(火)〜10日(水)は全館メンテナンスにともない臨時休館いたします。

今後の展示予定
過去の展示
御花 立花財団