立花家史料館 Tachibana Museum

ホーム  >  展示案内  >  現在の展示
現在の展示

特集展示「刀を見る、伝来を知る-柳川藩主立花家の刀剣-」

平成29年4月7日(金)〜7月10日(月)

photo

初代藩主・立花宗茂が元和6年(1620)に柳川に再封されて以来、明治維新まで代々柳川藩11万石を治めてきた立花家。江戸時代の立花家は、大名の家格に相応しい刀剣を多数所持していましたが、現在、立花家史料館が所蔵する伝来の刀剣は、20口にも及びません。しかし、これらはどれも立花家にとって最も重要な意味をもつ刀剣類であり、それぞれの刀にまつわる逸話には、立花家の歴史が映し出されています。

本特集展示では、特に近世大名立花家初代・戸次道雪(鑑連)と、その跡を継いだ宗茂にゆかりの深い刀剣を中心に、柳川藩主立花家に伝来した刀剣をご紹介します。名刀と称される刀剣の機能美を、立花家の歴史とあわせてお楽しみください。

今後の展示予定
過去の展示
御花 立花財団