Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

M3Wにはこんな企画が! その2

2012/1/13

まもなく始まる宗茂3ウィークス。

柳川藩主立花邸 御花のお食事処対月館では
限定オリジナルメニュー

「宗茂せいろ」

をお召し上がりいただけます。

この「宗茂せいろ」は
鰻がまるごと一匹入った特上せいろ蒸しが

20120112_05

こちらのランチョンマットに乗ります。
さらには

20120112_03

三柱神社の宗茂お守りがついてきます。

これだけついて、お値段3300円!
大変お得です!

お食事の後はデザートですね。
松濤館の、レストラン集景亭や喫茶うぃすてりあでは
「宗茂鎧餅セット」をご用意しています。
こちらについては、また次回。

企画いろいろ、M3Wは1月15日〜2月5日に開催。
みなさんのお越しをお待ちしております。

みんな食べてね

みんな食べてね

▲ページの先頭へ

宗茂3ウィークス(M3W)にはこんな企画が! その1

2012/1/12

いよいよ今週の日曜日(15日)から、宗茂3ウィークス(M3W)が始まります。

期間中にはどんな企画があるのかな。

史料館では…

20120112_09

立花家史料館所蔵の立花宗茂像を公開!

20120112_0720120112_08

宗茂所用の具足を、2領とも展示します(現在は1領のみ)。
初公開の宗茂自筆書状もありますよ。

さらに、

20120112_06

入館者全員に、ミュージアムグッズ「立花宗茂ポストカード」を
いずれか1枚プレゼント(申し訳ございませんが、柄は選べません)。

そして売店では…

20120112_01

おいしいおいしい蜜柑搾り(ミニサイズ)。
期間中には

20120112_02

ひっくり返すと宗茂バージョンに変身!

他に、ノベルティもご用意しております。

先日発売した、宗茂のお菓子や

20111221_01

20111221_03

金甲ストラップもありますよ。

20111223_15

次回はお食事系をご紹介します。

企画いろいろ、M3Wは1月15日〜2月5日に開催。
みなさんのお越しをお待ちしております。

みんな来てね

みんな来てね

▲ページの先頭へ

金甲ストラップ新発売

2011/12/23

柳川藩主立花邸 御花の売店で、またまた新商品発売!

20111223_15

じゃじゃーん!
金甲ストラップです。
しかも立花宗茂の使っていた杏葉紋付。

金甲は、正式には「金箔押桃形兜(きんぱくおしももなりかぶと)」といい、
現在立花家には、239頭が残っています。
それらは桃山時代から江戸時代前期の制作で、
戦場で一隊全員揃って着用させたものだと思われています。
きらびやか軍団です。

20111223_17

これが金甲(実物)。 

20111223_13

金甲ストラップは横も後ろも完璧。

20111223_16

金甲ストラップが買えるのは、柳川藩主立花邸 御花だけ!
先日発売した立花宗茂のお菓子の横で、ブラブラしてます。

▲ページの先頭へ

立花宗茂のお菓子ができました

2011/12/21

柳川藩主立花邸 御花の売店に、新商品入荷!

20111221_0120111221_03

「立花宗茂 蒸し金鍔」と「立花宗茂 お餅いろいろ」

パッケージの絵は、人気ゲームソフトや出版物のイラストで大人気の
諏訪原寛幸さんによるものです。
諏訪原さんには昨年の特別展「立花宗茂」関連イベント、武将パネル展を開催したときに
お世話になりました。

20111221_02

蒸し金鍔の方は、立花宗茂と養父・道雪、実父・紹運のスリーショット。
戦中に命を落とした二人の父の遺志を継ぎ
いざ、宗茂参りまする!というちょっと泣ける感じのイラストです。

20111221_04

お餅いろいろの方は、立花宗茂と伊達政宗、真田幸村のスリーショット。
この3人は、ともに1567年に生まれた同級生トリオです。
普段は、政宗や幸村に、人気の点でちょっと負けがちな宗茂ですが
このパッケージでは、当然ながら、堂々の主役です。

今回の宗茂の具足や馬具は、立花家史料館の考証により、
より正確に描いていただいたイラストを使っています。
ですので、これまでクリアファイルなどになっていたイラストの宗茂とは
ちょっと違う部分があります。

さて、中のお菓子はどんなかな?

20111221_05

手前が蒸し金鍔、奥がお餅いろいろです。
お餅は草餅・栃餅・梅餅・こがね餅の4種をお楽しみいただけます。

ちなみに、お菓子が乗っているお盆は
今年5月に、宗茂の実母・宋雲院さんの400回忌法要があった際に
いただいたものです。
母上様、息子の立派なお菓子ができました。

これらのお菓子が買えるのは、柳川藩主立花邸 御花だけ!

▲ページの先頭へ

スジャータ戦国武将コンプリート

2011/12/1

それはまだ夏真っ盛りの8月のこと。
立花家史料館宛に、注文した大量のスジャータ(戦国武将シリーズ)が届いた。
上蓋に戦国武将60種がプリントされている。

50個入りを8袋、計400個のスジャータ。
なぜこんなにたくさん。
それは、通販の販売単位が8袋だったから。
まぁこれだけあれば宗茂も出てくるだろうと思った、というのもある。

めいらくのサイトで台紙をダウンロード・印刷。

20111201_01

ここに上蓋を貼っていく。
それにしても400個は使いきれない。
柳川藩主立花邸御花のレストラン・対月館に、半分ほど使ってもらうことにする。

それから約3ヶ月半。
賞味期限を1ヶ月近く過ぎた今日、
最後に、顔色の悪い前田利家を貼って
やっとコンプリート。

20111201_02

ところでこのシリーズの画像、
普段よく見る肖像画とは別の肖像画が使われている人が多い。

20111201_03

この立花宗茂は、大徳寺蔵の宗茂像だろう。

さあ、60人コンプリートはしたが、
スジャータはまだいくらか残っている。

20111201_04

はたして今年中に使いきれるだろうか。

▲ページの先頭へ

買ってみました。

2011/10/3

「六分の一スケール 剣豪佩刀コレクション  真剣鬼 戦国義将編」を
買ってみました。

01

何が出るかな(心の声:雷切来い!雷切来い!…)

じゃーん。出ました雷切丸。

06 

恐るべし、我がゴッドハンド。

「戦国無双3 武将ミニフィギュア」も買ってみました。

03

何が出るかな(心の声:宗茂来い!宗茂来い!…)

04

がーん。島津義弘でした。

05

でも、かわいいから飾ってみました。

▲ページの先頭へ

立花宗茂の生涯をスジャータでたどる

2011/8/11

20110811_03

1567年 豊後国国東郡筧において誕生しました。幼名は千熊丸。
この年に生まれた武将は他に、伊達政宗・真田信繁(幸村)がいます。
ちなみにこの3人は、一部ファンの間で「67(ろくなな)トリオ」と呼ばれています。

20110811_02

1569年 実父高橋紹運が高橋家を継ぎ、宗茂も筑前国御笠郡岩屋城に移ります。
高橋紹運は豊後大友氏の家臣です。
実家は吉弘家ですが、大友宗麟の命で高橋家を継いだのでした。

20110811_04

1587年 豊臣秀吉から筑後三郡を与えられ、柳川を城地と定めます。
同じ大友配下である戸次道雪の養子となり、やがて立花家を継いだ宗茂は
島津攻めの働きにより、「九州の一物」と讃えられ
筑後国山門郡・三潴郡・下妻郡の領地を与えられます。

20110811_06

1597年 慶長の役で島津義弘らと共に戦います。
宗茂は朝鮮に出兵し、他の諸将と共に戦いました。
やがて秀吉の死をきっかけに帰還命令が出ます。
このとき島津義弘・小西行長・宗義智ら諸将と会談し、撤退の段取りを決定しました。
撤退途中、小西行長が退路を断たれたときには、義弘らと共に救援に向かいました。

20110811_05

1600年 関ヶ原の合戦で西軍に加担、大津城攻めで活躍。
秀吉への恩義から西軍についた宗茂は、京極高次の守る大津状を包囲しました。
9月15日に高次は降伏します。
しかし同日、主戦場である関ヶ原で西軍が敗れたため
宗茂は家来を従えて柳川へ帰ります。

20110811_07

1600年 加藤清正に柳川城を明け渡す旨の使いを送ります。
柳川に戻った宗茂は、江上・八院で東軍勢と戦い多くの家来を失いました。
そうして柳川城を明け渡した宗茂は、大名としての地位を失い
清正の領内である肥後国高瀬に寓居します。

20110811_08

1606年 徳川秀忠に大番頭役として召し出される。
1601年に高瀬を出た宗茂は京都で牢人生活を送っていました。
そしてやっと秀忠に会うことを許され、大番頭役として召し出されることとなったのです。
このときに奥州南郷に領地をもらっています。

20110811_09

1620年 田中家の改易に伴い、柳川への再封が決定。
田中家は跡継ぎがなく断絶となってしまったため
宗茂に南筑後(10万9600石)が与えられました。
一度領地を失った大名が、再び元の領地の大名として復活するのは
非常に珍しいことです。

その後の宗茂は天草・島原の乱に参戦したり
将軍家光の側近くに仕えたりしていましたが
1642年、江戸で亡くなりました。76歳でした。

▲ページの先頭へ