Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

川が開いてスプリング・ハズ・カム

2012/2/29

4年に1度の2月29日である今日、堀開きがありました。

飲料水や農業用水を確保するため、柳川には無数の掘割が張り巡らされています。
掘割は普通の河川とは違って、流れが穏やかなため、水藻や塵が滞留してしまいがちです。
そのため年に一度堀割の水を落とし、川底の清掃と日光消毒を行うのです。

水落ちのときには、堀に流れこむ川の水門を閉じ、
下流側の井樋を開放して、堀の水を有明海に流します。

明治末期頃までは、水落を11月上旬、城内にある日吉神社の秋季祭礼の前に行い
水落期間中に捕獲した魚を料理して、親戚知人を招き、神社で酒宴を楽しむという
風習があったようです。

今年は2月20日の午後4時に水門が閉じられました。
そして今日あった堀開きでは、閉じていた水門を開放し、堀に水を流し込みます。
開放するのは、柳川古文書館近くの新町水門。

 

20120229_01

 

 

 

 

 

 

 

 

数枚の板で堰き止められています。

 

 

20120229_03

 

 

 

 

 

 

 

 

徐々に板がはずされていきます。

 

 

20120229_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の板がはずされると、水がどーっと流れ込みました。

 

 20120229_05

 

 

 

 

 

 

 

はずされた板たち。
川を堰き止めるという重責を無事完遂し、満足げなご様子。

 

 

20120229_04

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が咲くのはもうしばらく先ですが、

 

 

20120229_07

 

 

 

 

 

 

 

 

堀開きを迎えた柳川は、もう春です。

▲ページの先頭へ