Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

「柳川立花家と島津家」展顛末記 〜その1 史料搬出〜

2011/10/14

twitterでもときどき触れましたが、
10月8日より都城島津伝承館にて「柳川立花家と島津家」展を開催中です。
今回より数回に分けて、この企画展の準備風景をお送りします。
まずは9月27日〜28日に行われた搬出作業の巻から。

 

都城から学芸員と日通の美術品輸送スタッフが到着。
史料を、収蔵庫から広い部屋に移動するところから作業開始です。
今回は福岡の日通さんもヘルプに来ていたので
力持ちな男手がいっぱい。
あっという間に運び終えました。

 

20111014_02

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、作品の状態を確認して調書に記入していきます。

 

20111014_03

 

 

 

 

 

 

 

 

貸出前と後とで状態が違った場合、借りた側の責任になりますので
傷やほつれ、取り扱う際に注意する点など、こと細かに記入します。

 

20111014_04

 

 

 

 

 

 

 

 

おとなしくチェックを待つ婚礼調度たち。
小さなものが多いので時間がかかります。
でも大事な作業です。

 

20111014_06

 

 

 

 

 

 

 

 

じっと見られる雷切丸。
チェック前にちゃんとお手入れしたので、恥ずかしいところはありません。

 

20111014_08

 

 

 

 

 

 

 

見られた後は、きちんと梱包されます。(これはまだ梱包途中の状態)

 

20111014_09

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、国宝の短刀「吉光」です。
中身は、展示でご覧ください。

 

20111014_10

 

 

 

 

 

 

 

間にクッションを挟んだ二重箱にきちんと梱包されました。

 

20111014_01

 

 

 

 

 

 

 

他の作品も、日通さんが手際よく梱包していきます。

 

20111014_05

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、作品の大きさに合わせた箱に収まっています。
ヤマトロジスティクスさんもそうですが、
美術輸送の専門の方々は箱作りの天才です。

 

20111014_11

 

 

 

 

 

 

 

じゃーん。今回都城まで作品を運ぶのはこの車。

 

20111014_13

 

 

 

 

 

 

 

 

「AIR CONDITIONER」で「AIR SUSPENSION」なトラックです。
作品たちもさぞや快適な旅になることでしょう。

 

20111014_07

 

 

 

 

 

 

 

 

この中に次々と積み込んでいきます。

 

20111014_12

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いざ出発。
道中気をつけて〜。

 

【次回予告】
立花家史料館の学芸員が都城へレッツ出張。
南九州特有のゆるりとしたリズムで
展示替え作業を行いました。

次回「柳川立花家と島津家」展顛末記 〜その2 展示替えと開会式〜
お楽しみに。

▲ページの先頭へ