Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

三池の御前山二山競演に圧倒される

2011/7/25

7月24日に三池において御前山二山競演(三池の大蛇山)がありました。

大牟田市には柳川藩と三池藩の藩境が通っており
大字三池(本町)は柳川藩領、大字新町は三池藩領でした。
本町の山車は、その昔柳川藩主から贈られたと伝えられるものだと聞き
「それは見にいかねば!」と、馳せ参じた次第です。

 

20110725_01

 

 

 

 

 

 

 

山を待つ若人たち。地域に根付いた祭りなんだと感じます。
背中の祇園守りについつい親近感。

 

20110725_02

 

 

 

 

 

 

 

もうもうと煙を吐きながら、本町の大蛇山がやってきました。
こちらは雄だそうです。

 

20110725_04

 

 

 

 

 

 

 

続いて向かい側からやってきたのは新町の大蛇山。
こちらは雌です。
こうして、雄大蛇と雌大蛇の年に一度の逢瀬が始まります。

さてさて、柳川藩主から贈られた山車とはどんなものでしょう?

 

20110725_03

 

 

 

 

 

 

 

おお!祇園守発見!これは3〜5代藩主の祇園守っぽいかな。
では新町の山車はいかに?

 

20110725_05

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらには三池藩の祇園守と杏葉がありました。
渋さの中に歴史を感じます。

 

20110725_06

 

 

 

 

 

 

翻って本町の山車を後ろから見るの図。
色とりどりで美しい装飾です。
ん?上と下で祇園守の種類が違うぞ?
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
真ん中の結び目があるかとか全体的なかたちとかの違いです。

 

20110725_07

 

 

 

 

 

 

そんな疑問はさておき、山車の中をのぞいてみると
大蛇の腹らしきものが見えました。

そうこうしているうちに祭りの進行し
本町・新町それぞれのこどもたちによる祇園楽の演奏の後
花火の競演が始まります。

 

20110725_08

 

 

 

 

 

 

 

わっしょい部長のホラ貝の音と共に花火がぱちぱち、煙がもうもう。
あたりは真っ白になりました。

 

20110725_09

 

 

 

 

 

 

 

そして、お待ちかねの「かませ」です。
無病息災を祈って、小さな子供達が大蛇の口の中にあーんとされます。
最近の子供は小さな頃から大蛇山を見慣れているので、意外と泣かないそうです。

 

20110725_12

 

 

 

 

 

 

 

そして祭りも終盤、雄大蛇と雌大蛇が尻尾を打ち合います。
「ほらほら交尾だよ」と保存会のおじさんがにやにやしながら教えてくださいました。
はい、知ってます。
二本の尻尾の下に見えるのは、これまでに誕生したお子様大蛇の内の一匹です。
さきほどの花火の間は走り回っていました。

 

20110725_13

 

 

 

 

 

 

 

尻尾の打ち合いが終わると、新町の大蛇は一気に方向転換をします。

 

20110725_14

 

 

 

 

 

 

 

そして、雌大蛇はまた煙を吐きながら新町に帰っていきました。
こうして一年に一度の逢瀬は幕を閉じましたとさ。
雄大蛇(右)が心なしか寂しそう。

二山競演の間、事故の無いようにと、常に山車の上で見守る男衆がいました。

 

20110725_10

 

 

 

 

 

 

 

みなさんに守られて、三池の大蛇山祭りはこれからも続いていきます。
貴重なものを間近で見せていただきました。
三池のみなさん、大牟田青年会議所のみなさん、ありがとうございました。

ところで、柳川藩から贈られた山車については
記録が残っていないため詳細がわかりません。
何かご存じの方いらっしゃいませんか。

 

☆おまけ☆
あちらとこちらの大蛇にかまれる専務

20110725_11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20110725_15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大蛇山は見慣れていませんが、泣きませんでした。

▲ページの先頭へ