Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

兜の脇立をはずせますか?-立花宗茂の月輪脇立-

2023/1/18

当世具足と組み合わされる兜、その両横につく飾りを「脇立」といいます。わたしが甲冑を展示する際に最も神経を尖らせるのが、この「脇立」を外す時です。

脇立がどのように付いているのか?どうやって外すのか?

★★★実際に外す動作を見るのが一番わかりやすいので、1月27日のオンラインツアー(*まだお申し込みできます)でご覧いただきたいところです。これこそ通常の展示室では不可能な、オンラインツアーの醍醐味!滅多にない機会ですので、是非ご参加ください。★★★

簡単にいうと、兜の両脇に出ている角元に脇立を差し込んで付けます。(*ネタバレを避けるため、参考写真はオンラインツアー開催後に追加する予定です)

大輪貫鳥毛後立頭形兜(伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の脇立は、金属製だと誤解されがちですが、実は薄くて軽い木製です。黒漆が塗られ、鏡面のように仕上げられています。上部中央の蝶番により、半分に畳んで収納できます。

脇立の下部にご注目ください。角元が少し覗いているのが分かるでしょうか。

脇立を兜に装着する際は、真上から差し込みます。ただし、力まかせに押し込むと、抜けなくなる可能性があります。繊細な文化財を保護しながらの展示作業では、押し込むより引き抜く方が、コツが必要で難しいのです。しかし、角元がみえると見栄えが悪いので、無理のない範囲で押し込まないといけない……これは前立や後立、頭立にはない、脇立だけにある葛藤です。

当世具足より以前の甲冑には脇立が付くことがないので、脇立を外した経験がある学芸員さんも、意外と少ないのではないでしょうか。学芸員でも、兜から脇立を外す瞬間を見る機会は希少なのです。

 

脇立の外し方を一例でも知っていると、他の武将の脇立を鑑賞するのがサラに楽しくなります。

例えば、「銀大中刳大盔旗脇立頭形兜」(福岡市博物館所蔵)も、基本的な造りは同じなので、素材や構造を推測できます。だからこそ、大きな脇立を支える角元の形や、外した脇立を収納する箱についての疑問がサラに生じ、本当に楽しいです。

この楽しみを分かち合える方々が増えると嬉しいので、今回のオンライツアーを強くオススメいたします。

 

オンラインツアー「立花宗茂の甲冑大解剖~すべて魅せます!表も裏も細部まで~」は、オンラインだからこそできる内容を目指した当館初企画です。第1回目は「伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足」。展示中の甲冑を脱がせながら、裏側をのぞいたり細部に肉迫したりと、植野館長が直接カメラで撮影をしながら解説します。付録の「立花宗茂の甲冑大解剖解説冊子」(B6版16頁オールカラー)も充実しているので、例えば徳川家康とか、他の武将の当世具足を鑑賞するときにも必ずお役に立つはずです。

 

***ココまで知ればサラに面白い***

学芸員として人前で作品解説をする際、ココまで知ればサラに面白くなるけれどと思いながらも、時間等の都合でフカボリせずに終わらせることは少なくありません。そんな、なかなかお伝えする機会のないココサラ話をお届けします。

 

 

▲ページの先頭へ