Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

ホニメのキャラコメに登場

2012/3/6

こんにちは、おちゃめな広報です。

 

「境界線上のホライゾン」のアニメのことをホニメというようです。
では「境界線上のホライゾン」とは何か。
それを詳しく説明する自信はありませんので
各自ググってみてください。
とりあえず、立花・宗茂と立花・誾という登場人物の出てくる小説とだけお伝えしておきます。

そもそも立花家史料館が「境界線上のホライゾン」を知ったのは
そのアニメ化がきっかけです。
宗茂の声を杉田智和さんがあてられるらしいという情報を得て
何のアニメかを検索したところ、この作品に行き当たりました。

とりあえず原作を読んでみようと
本屋さんで1冊分の厚さにおののきつつも購入。
ライトノベルを読み慣れていないせいか、
なんだか不思議な世界観だなというのが最初の感想です。
宗茂も宗茂なんだけど宗茂ではないみたいだし。
でも宗茂と誾さんが仲良しでよかった。
ただ本当に分厚い本なので、既刊を揃えると置き場所に困る…

そうして作品についてツイートしたことから、
史料館公式twitterでは、原作者の川上稔さんはじめ、
「境界線上のホライゾン」ファンのみなさんに、フォローしていただいています。

 

さて先月のこと、
「境界線上のホライゾン」ブルーレイディスク3巻のキャラクターコメンタリーで
当館のことを言っているという情報を入手いたしました。

なんだか気になったので聞いてみたかったのですが、
アニメの公式サイトにある試聴の部分にはありませんでした。
そこで室長が自腹で購入。もちろんアニメイトで。

 

20120306_01

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメイトの購入特典は立花・宗茂のQRコード入りイラストカード(写真右)です。
カードの裏面にあるQRコードから立花・宗茂のキャラクターボイスがもらえます。
今では室長のケータイは着信があるたびに、杉田さんのいい声で
「わかりません!わかりません!」と鳴り響きます。
ちなみにその前は「君だけだよおらん〜」(敦盛2011)と鳴ってました。

 

では早速キャラコメを確認。

……(視聴中)……

「立花・宗茂は、立花家史料館の広報さんがお茶目なことで知られてるけど…」
なるほど、これか!
宣伝していただきまして、ありがとうございます。

キャラコメを聞いて初めて当館のことを知った方。
立花家史料館は、立花宗茂を藩祖とする柳川藩立花家伝来の美術工芸品、
いわゆる大名道具の展示を通じて、立花家の歴史文化を紹介しているところです。
福岡県柳川市にあります。
悲嘆の怠惰は所蔵しておりませんが、宗茂所用の弓を展示中です。

それから残念ながら当館は、広報のスタッフを置くほど裕福ではありません。
公式twitterとブログは、一学芸員が担当しております。
ですので、冒頭に「おちゃめな広報です」と書いてしまいましたが
「おちゃめな学芸員(広報もしている)です」が正解です。
いや、「おちゃめ」の部分が正解かどうかはまた別の問題ですが。

 

なにはともあれ、川上稔さん、ファンのみなさん、
これからも宗茂と誾をよろしくお願いします。
柳川にも来てね。

▲ページの先頭へ