Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

直木賞作家・葉室麟さんご来園(サイン本販売しますよ)

2012/1/26

1月17日。
その日、史料室3人衆は、パソコンに張り付いてニコニコ生放送に見入っていました。
そのとき放送されていたのは「第146回 芥川賞・直木賞 受賞者記者会見生中継」。
ばっさり栗原さんやペリー荻野さんの批評を楽しみつつ、
おそらく19時くらいであろう直木賞の発表を待っていたのです。

というのも、直木賞に葉室麟さんがノミネートされていたのです。
葉室さんは、去年の2月号から「オール讀物」に、立花宗茂の小説「無双の花」を連載されていました。
それ以来のご縁で、去年は白秋祭にご招待したりと、親しくお付き合いさせていただいています。
いえ、お付き合いといってもそういう意味ではなく…
それはさておき、今回葉室さんは「蜩の記」で5度目のノミネート。
今度こそ!とパソコンのモニターに念を送り続けました。

結果はみなさんご存知の通り、見事受賞!
おめでとうございます。
立花家史料館でもすぐにお祝いツイートをいたしました。

 

さて、新直木賞作家・葉室麟さんの受賞第1作は
じゃーん!
なんと「無双の花」です。

そして昨日、お忙しいスケジュールの合間を縫って
葉室さんが、柳川藩主立花邸御花にお越しくださいました。

 

 

20120126_03

 

 

 

 

 

 

 

 

宗茂の具足と金甲と葉室さん(奥の黒いのは忠茂の具足です)。

 

 

20120126_01

 

 

 

 

 

 

 

 

宗茂の肖像画と自筆書状と伊達政宗の自筆書状と葉室さん。

そして夜は御花料亭にてお祝いの宴。
葉室さんはお話上手な楽しい方です。
宴も大変盛り上がりました。

 

 

20120126_02

 

 

 

 

 

 

 

 

宴の後にサインを頂戴しました。
フロントに飾らせていただきます。

なお今回のご来園は、宗茂3ウィークスの目玉企画のひとつ
「『無双の花』サイン本販売」のサインのためでもありました。
お酒が入る前に、ちゃんと本にもサインと落款をいただきましたので、ご安心を。

次号の「オール讀物」は葉室さん特集。
今回のご来園の様子も掲載される予定です。

 

 

20120126_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐長文様の素敵な装丁を施した
「無双の花」は1月28日発売。
通常九州では2,3日遅れで発売されるのですが
柳川藩主立花邸御花の売店では、
九州のどこよりも早く、1月28日9時に販売開始します!
しかもサイン本15冊!(お一人様一冊限りでお願いいたします)
さらに、御花売店でお買い上げいただいた皆様には
特製ブックカバーとしおりを差し上げます。

 

 

20120126_05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブックカバーは宗茂が使っていた花押のデザイン。
しおりは宗茂3ウィークス特製です。
ブックカバーとしおりは、M3W期間以降もお付けいたします。

 

 

みんな読んでね

みんな読んでね

▲ページの先頭へ