Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

庭と展示と抹茶と告知

2011/10/24

11月26日に、名古屋工業大学大学院教授の麓和善先生をお迎えして、
国名勝指定記念講演会「煎茶空間から見た九州・柳川」を開催します。

そのプレイベントとして、10月22日、23日の両日
「ギャラリートーク&お庭歩きと抹茶を楽しむ」を行いました。

特集展示「立花氏庭園の世界」と、名勝に追加指定された東庭園を
学芸員のガイドで巡り、最後にお庭を眺めながら抹茶を楽しむ
という、なんとも楽しいイベントです。

21日の夕方から大雨(地響きのような雷つき)だったので
いろいろと心配していたのですが
夜が明けてみたら、今日の宗茂くんもびっくりの晴れ(ときどき曇り)。

イベント担当シャーマン学芸員の言葉。
「私、晴れ女なんです」
あぁ頼もしい。これからもその調子でよろしく。

 

さて、このイベントの「抹茶を楽しむ」ゾーンにおいてご協力いただいたのが
表千家のみなさま。
みなさまには、御花文化講座の呈茶サービスでもお世話になっております。

今回のお茶席は、松濤館(ホテルの建物)の1階奥に設けました。

 

 

20111024_02

 

 

 

 

 

 

 

 

畳に正座してではなく、
椅子に腰掛けてお手前を行う「立礼席」です。

 

 

20111024_01

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が良かったので、テラスにもお席をご用意いたしました。

 

 

20111024_05

 

 

 

 

 

 

 

テラス席だと景色もきれいに見え、雰囲気も大変よろしいのですが
この季節でも日差しが強うございますので、ご婦人方はお気を付け遊ばせ。

そしてお菓子はこちら。

 

 

20111024_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、太宰府の有名なお菓子屋さん「藤丸」に注文して
特別にかえでの形にしていただいたものだそうです。

 

 

20111024_03

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭を愛でつつお茶を一服。
ちょっとだけ殿様気分を味わえる秋の一日でした。

ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 

さて、11月26日の講演会の際には、また違ったワークショップをご用意しております。
その名も「お庭歩きと煎茶を楽しむ」

そうです。今度は煎茶です。
日本礼道小笠原流のみなさまにご協力いただき、煎茶席を設けます。

このときのお庭歩きにはガイドは同行いたしません。
イラストマップ「殿様が眺めた景色」を手に、
ご自分のペースで散策をお楽しみ下さい。

▲ページの先頭へ