Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

氷と雪の世界(鴨の足跡付)

2016/1/25

松濤園の池も凍る寒い朝。
いつもはすーいすいと優雅に泳いでくる鴨が
よちよちと歩いて餌場にやってきました。

20160125_01

 

 

 

 

 

 

 

ぞくぞくと集合して

 

 

20160125_02

 

 

 

 

 

 

 

撒かれた餌(米)をもくもくと食べる。
なんだか米と雪との区別が難しそうですが、大丈夫ですか。

 

 

 

 

やがて昼が近付くにつれ、空が明るくなってきました。

 

20160125_06

 

 

 

 

 

 

 

西洋館2階から中庭を見たところ。
雪はまだ降っていますが
蘇鉄の影が出来るくらい太陽が輝いています。

 

 

20160125_07

 

 

 

 

 

 

 
再び松濤園を見てみましょう。
すると池の上にくっきりと鴨の足跡が。

 

 

20160125_08

 

 

 

 

 

 

 

足跡をたどった先には、氷の溶けた部分があります。
鴨たちのくつろぎの場です。

 

 

20160125_05

 

 

 

 

 

 

 

例年なら昼までに全て溶けてしまう池の氷が
今日は昼過ぎまで残っていました。
大寒波、恐るべし。

 

 

 

 

※昨日(1月24日)の立花氏庭園の様子は
柳川藩主立花邸 御花 スタッフブログをご覧ください。

▲ページの先頭へ

あなたのお側に飛騨守 ~音声ガイドの楽しみ方~

2016/1/15

ついに立花家史料館の音声ガイドができました。

その名も「飛騨守相伴(ひだのかみしょうばん)」。

20160115_17

 

 

 

Googleプレイストアから無料でダウンロードできる、新しいタイプの画像付の音声ガイドです。

スペシャルサポーターの立花宗茂さん熊本城おもてなし武将隊)が
当館が所蔵する宗茂ゆかりの品々についてわかりやすくご紹介します。

現在のところアンドロイドのみ対応しています。
iOSは対応待ちですが、近いうちにweb版の公開も予定しています。

 

ではここからは、この音声ガイドの楽しみ方を説明していきましょう。

まずはGoogleプレイストアで「立花家史料館」を検索。

20160115_01

 

 

 

 

 

 

「立花家史料館ガイド2015」が出てきます。

 

20160115_02

 

 

 

 

 

 

アプリ(無料)をダウンロードしたら、早速開いてみましょう。
すると、このような3つの展示が表示されます。

20160115_03

 

 

 

 

 

 

 

 

このうち一番上の「飛騨守相伴」が音声ガイドです。

「柳川藩主立花邸の歴史」は
江戸時代から近代を経て現在まで続く立花邸の歴史を紹介したもの(音声はありません)。

「立花家史料館平常展」は
現在平常展示のコーナーで展示している作品の紹介です(音声はありません)。

これらも是非ご覧いただきたいのですが
まずは「飛騨守相伴」を見てみましょう。

 

タップすると、最初にスペシャルサポーター(以下スペサポ)宗茂さんがご挨拶します。

20160115_04

 

 

 

 

 

 

動画はネットに接続できる環境でご覧ください。
(作品解説は接続がなくてもご覧いただけます)
下になにやら文章が出ていますが
動画ではスペサポ宗茂さんがこの文章を武将言葉でお送りしています。

ここで音声ガイドのタイトルについて説明しますと
上の写真の文章にあるとおり、「飛騨守相伴」とは「宗茂といっしょに」ということ。
すなわち
「飛騨守の官職にあった宗茂と一緒に
ゆかりの品々を通して立花家の歴史をたどる鑑賞ツアーをしよう」
というのが、このタイトルの意味するところです。

それではアプリの内容に戻りましょう。

 

挨拶が終わると、次からは
画像を見ながらスペサポ宗茂さんの解説を聞くページになります。

20160115_05

 

 

 

 

 

ここでも音声は武将言葉ですが、下に現代文の解説があります。

画像部分を拡大してみることもできます。

20160115_06

 

 

 

 

 

適宜拡大して、じっくりご覧ください。

 

紹介している作品は全10点

加藤清正からもらったこれとか

20160115_09

 

 

 

 

 

戸次道雪が雷を切ったというこれとかもあります。

20160115_08

 

 

 

 

 

 

雷切丸の解説の後に、特別動画「雷切丸進上のこと」を1月5日より追加しました。

20160115_07

 

 

 

 

 

年末から年始にかけてtwitterで巻き起こった諸々を経て
1月5日、スペサポ宗茂さんに雷切丸の魂の入った刀(新雷切丸)を進上しました。
それに関する動画です。

 

最後にスペサポ宗茂さんが終わりの挨拶をして、ガイドはおしまい。

20160115_10

 

 

 

 

 

 

このガイドの特徴は、通常の展覧会の音声ガイドと違い
いつでもどこでも何度でも見ることができるところです。

例えば電車の待ち時間に

写真はイメージです

写真はイメージです

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばほっと一息の時間に

写真はイメージです

写真はイメージです

 

 

 

 

 

 

 

 

アプリを開いてみましょう。
飛騨守が相伴して立花家の歴史を語ります。

 

でもやはり最適なのは、
立花家史料館の中で実際に展示品を見ながら聞くこと。

20160115_16

 

 

 

 

 

 

 

もちろん家で予習してから史料館で本物を見る、というのもおすすめです。

※館内で展示を見ながらお聞きになる場合は、イヤホンをご使用下さい。
※音声ガイドでご紹介している作品は一部展示しておりますが
すべての展示作品に対応しているものではありません。

 

来月あたりには「続 飛騨守相伴」のリリースも予定していますので
どうぞお楽しみに。

 

[おまけ(メイキング画像)]

スタジオで音声を録音中

20160115_13

 

 

 

 

 

 

 

「雷切丸進上のこと」は熊本城で撮影しました

20160115_14

 

 

 

 

 

 

 

 

ディレクターは館長

20160115_15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 追 記 】

1月19日、「飛騨守相伴」web版を公開しました。

 

2月1日、「続 飛騨守相伴」をリリースしました。
こちらもアンドロイドのみ対応しています。
すでにGoogleプレイストアで立花家史料館ガイドをダウンロードしていただいている方は
自動的にアップデートされ「続 飛騨守相伴」も見られるようになります。
web版の公開は今しばらくお待ち下さい。

では「続 飛騨守相伴」のメイキングもちら見せ。

20160202_01

▲ページの先頭へ

戦国武将ライダー 再び

2015/11/30

2013年秋から2014年にかけて
世の中では「仮面ライダー鎧武(ガイム)」が放映されていました。

戦国武将とフルーツがモチーフとなったデザインのライダーだったので
気になってちょっとだけのぞいてみた結果、1年間視聴し続けてしまいました。
陣羽織を着たライダーというのも驚きでしたが
フルーツ盛り合わせ柄の信長っぽいライダー(とても強い)は
よく見ると草摺や佩楯のようなパーツがあり
戦国武将感あふれる姿をしていました。

もしかしてお子様方の間で甲冑ブームが巻き起こるのではと、淡い期待を抱き
仮面ライダーソーモ」という戦国武将ライダーを考案してみたりしたのは
ちょうど2年前の今頃のことです。

 

 

さて先月から始まった、新しい仮面ライダーシリーズは「仮面ライダーゴースト」。
おばけのライダーかと思って油断していたのですが、さにあらず。
歴史上の英雄や偉人の魂を宿した
「ゴースト眼魂(アイコン)」を使って変身するライダーなんです。
これまでにニュートンやツタンカーメンと共に
宮本武蔵や織田信長(また信長か!)の眼魂が登場しています。

これはもしかしてもしかすると、立花宗茂の眼魂が出たりしないかしら。
もしかしないことは、もちろん重々承知ですが
今回も淡い期待を抱きつつ、しばらく見守ろうと思います。

 

そんな淡い期待に乗せて、この人が2年ぶりの登場です。

 

     仮面ライダーソーモ

変身前の姿

変身前の姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回までのあらすじはこちら

[今回のあらすじ]
天下分け目のライダー合戦に負け、町を追われた主人公。
しばらくは友達の加藤くん家に居候していたが
再起を図るべくカミガタへと旅立った。
流浪の日々を送る主人公。
やがてオーシューでの新しい生活が始まる。

そしてついに訪れた、またとないチャンス。
あの日から20年。
懐かしいあの町へ戻ってきた主人公の目に映るものは。

感動の最終回(フィナーレ)を見逃すな。

 

[戦いの道具]

「ゴールデンピーチヘルメット」

金箔押桃形兜

金箔押桃形兜

 

 

 

 

 

 

 

通称「キンコー」。
主人公の仲間たちが、おそろいでかぶっている。
ぴかぴかでかっこいい上に、修理が意外と簡単。

 

「ハチマンヤリソード」

鑓 銘 濃州関住兼貞作

鑓 銘 濃州関住兼貞作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様の名前が彫ってある鋭い鑓。
身を守るため、寝るときには枕元に置いておき
くせ者は一突きで仕留める。

 

「ゴールデンボウ」

金溜地塗籠弓

金溜地塗籠弓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公は、実は弓の名人。
流浪の日々にも鍛錬を怠らない。
弓で有名な吉田さんのサイン入り。

立花宗茂歩射図

立花宗茂歩射図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弓を引く主人公。
ただしこれは変身前の姿。

 

「サイハイコマンダーバトン」

采配

采配

 

 

 

 

 

 

 

仲間たちに号令を出すときに振る。
紙で出来ているので、シャカシャカといい音がする。

 

「ひみつの書」

軍書

軍書

 

 

 

 

 

 

 

占いの方法や、武器の飾り方、神様に祈って勝ちを呼び寄せる方法など
戦いに関するあらゆる秘密が書かれている。
前に紹介した「マンダラ扇」は、これに書かれている通りに作った。

 

 

[身の回りの道具]

「くし」

杏葉紋散し蒔絵櫛箱と櫛

杏葉紋散し蒔絵櫛箱と櫛

 

 

 

 

 

 

 

ライダーたるもの、身だしなみは大切。
いつもかっこよくいるために、気を遣っている。
自分のマークを入れた特製の櫛と整髪料入れで
毎日のお手入れを欠かさない。

 

[たからもの]

「ヨーロージャー」

瀬戸茶壺 銘 養老

瀬戸茶壺 銘 養老

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボスのイエミツが、主人公の家に遊びに来たときにくれた素敵な壺。
とっても大切にしている。

 

[帰る場所]

柳川旧城図(中野春翠筆)

柳河旧城図(中野春翠筆)

 

 

 

 

 

 

 

なつかしいあの町。

▲ページの先頭へ

今日は何の日?

2015/11/11

みなさんご存知のとおり
11月11日には、いろんな記念日が制定されています。
そしてそのひとつに「折り紙の日」があります。

 

4年前の11月11日に大名駕籠と島津義久の兜を折りました
今年、久しぶりに折り紙してみました。

 

20151111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「加藤清正の兜」 with マトリョーシカ

撮影用のバック紙の切れ端を、適当に切って使ったので
作りがだいぶアバウトです。
せいしょこさん、ごめんなさい。

 

ちなみに今回の折り紙も、4年前と同じ
浜田勇著「戦国武将の時代折り紙」(日貿出版社)を参考にしました。
柳川市立図書館でまた借りてきました。

20111111_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また他所の人の兜を作ってしまった……

どなたか立花宗茂の兜の折り方を教えてください。

▲ページの先頭へ

「今日の宗茂くん」ができるまで

2015/9/17

2011年4月から始まった「今日の宗茂くん」が
平成二十七年九月十五日条で、めでたく100回目を迎えました。
(twitterでフォロワーさんに言われて気付きました。)

そこで今日は100回目を記念して、これまでベールに包まれていた
「今日の宗茂くん」ができるまでを大公開いたします。

 

「今日の宗茂くん」の原型となるものが生まれたのは
2010年に開催した特別展「立花宗茂」の準備期間のこと。
宗茂漬けの日々の中、なんとなく肖像画のコピーに
吹き出しをつけたのが始まりでした。
内容はその時の気分で、例えば寒い日には「今夜はおでん」とか
そういったことを言わせていたように覚えています。

2011年4月、ブログを担当することになり
手早く更新するにはどうしたらいいかを考えた結果
当時の史料室長(現・立花家史料館長)に相談の上で
「今日の宗茂くん」レギュラー化を決定しました。

 

記念すべき第1回がこちら。

2011年4月27日

2011年4月27日

 

 

 

 

 

 

 

 

特集展示「立花家の甲冑-よくわかる甲冑の見方-」のことを言っています。

 

 

それでは「今日の宗茂くん」がどのように作られているかをご紹介しましょう。

1.(公財)立花家史料館蔵「立花宗茂像」の顔部分アップをモノクロで印刷する

20150917_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.顔の輪郭や目・鼻・口・ヒゲ・もみあげなどをペンでなぞる

20150917_02

 

 

 

 

 

 

 

 

3.壁の所定の位置に画鋲で貼る(テープは、ずれ防止)

20150917_03

 

 

 

 

 

 

 
この紙は、余程のことがない限りは使い回しです。
常に学芸室の壁に貼ってある状態なので
既に見慣れた風景の一部となっています。

 

4.筆ペンでセリフを書く

20150917_04

 

 

 

 

 

 

 

裏紙を使っています。

 

20150917_05

 

 

 

 

 

 

 

実は何枚も書いていて、その中から1枚を採用します。

 

5.セリフの紙を壁に貼って写真を撮る

20150917_06

 

 

 

 

 

 

 

このとき毎回デジカメが、宗茂くんを顔認識します。

あとは写真を取り込んでトリミングし、ブログにアップロードするだけ。
セリフの内容さえできていれば、5分~10分程度で終わります。
「〇〇年〇月〇日条」というタイトルは、記録物っぽくするためにつけています。

 

以上が「今日の宗茂くん」ができるまででした。

 

こんな感じの「今日の宗茂くん」が100回目を迎えることができたのも
おおらかな立花家の方々と、寛容な館長、
そしていつもブログを見てくださっているみなさんのおかげです。
細々と続けていきますので、今度ともよろしくお願いいたします。

 

【おまけ】
100回の中で個人的に一番気に入っている回。

平成二十四年一月十九日条

平成二十四年一月十九日条

▲ページの先頭へ

熊本半日紀行 後編

2015/6/22

前編をおさらい】
熊本県立美術館の細川コレクション特集「茶わんまつり!」の
関連イベントであるミュージアムセミナーに参加するべく熊本へ。

途中、太平燕とケーキでお腹を満たし
熊本城の立花宗茂さんに念を送りつつ、熊本県美へ向かうと
会場にはあふれんばかりの受講者が。

大盛況のセミナー終了後には
特別ゲストの熊本城おもてなし武将隊・細川忠興さんに
夏衣装を見せていただいたのだった。

おさらいおしまい。

 

 

ミュージアムセミナー「細川忠興の茶道具収集」で予備知識を得たところで
さっそく「茶わんまつり」を観覧。

まつりの会場は、熊本県立美術館別棟の細川コレクション常設展示室。

20150621_05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示室に入るとそこには、茶わん茶わん茶わん。

忠興の時代から現代に至るまで
細川家によって集められた、珠玉の茶わんの数々。
そのバラエティゆたかなラインナップは、まさに茶わんまつり。
居並ぶ茶わんから、400年の歴史を感じることができます。

 

茶わんを見ながら
「そういえば、利休七哲って忠興以外に誰がいたっけな」と思ったとき
役立つのが、今となっては懐かしい戦国鍋TVの「たぶん利休七哲」。

「がもううーじーさーと、ほそーかわーただーおきー…」

この歌のおかげで、7人の名前がすらっと出てきます。
「メンバーには、諸説あーるーんーだー」ということで、あと2人も。

 

細川コレクション特集「茶わんまつり」は、今週末の6月28日まで。
ぜひみなさんも、この素晴らしいまつりにお出かけください。

 

茶わんを存分に堪能したところで
坂を下りた三の丸にある旧細川刑部邸へ移動。

20150621_07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧細川刑部邸は、細川(長岡)刑部家の下屋敷を
25年程前に、熊本市東子飼町から現在の場所に移築復原したものだそうで
熊本県の重要文化財に指定されています。

20150621_08

 

 

 

 

 

 

 

柱の形とか、梁の太さとか、部屋の造りとか
建物の仕組みを探索しながら、屋敷内を巡ります。

一周したところで、全体的な構造がなんとなくわかった私達は
確認のため、さらにもう一周してみることに。

同じタイミングで見学していたお客さん(おじ様)も
なぜか一緒にもう一周。

みんなで語り合いながらの二周目では
ここは松の間、ここは藤の間みたいな感じか、と立花邸と比較したり
家族スペースと使用人スペースの違いや分かれ方を確認したり
部屋の並びから動線を考えてみたりと
屋敷をより深く楽しみました。

 

20150621_09

 

 

 

 

 

 

 

それにつけても、どこへ行っても蘇鉄が気になる。
古い葉を刈らない場合、新しい葉がどういう風に出てくるのか
ここの蘇鉄で知ることができました。

 

旅の締めくくりは桜の馬場 城彩苑での買い物。

20150621_10

 

 

 

 

 

 

 

夕闇迫る熊本を後にし、一路福岡へと帰ったのでした。

 

最後に
途中、北熊本サービスエリアで食べた「ネギパン」が美味であったことを
ここに書き添えておきます。

▲ページの先頭へ

熊本半日紀行 前編

2015/6/21

熊本県立美術館では、6月28日まで
細川コレクション特集「細川茶わんまつり!」が開催されています。

20150621_11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利休七哲に数えられた武将・細川忠興以来、400年かけて集められた
細川家ゆかりの茶わんが大集合した展覧会です。

6月20日、展覧会の関連イベントとして
ミュージアムセミナー「細川忠興の茶道具収集」があり
これに参加してきました。

 

お昼頃熊本に到着し、まずは腹ごしらえ。
下通りにある紅蘭亭へ。

20150621_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い行列の出来る人気のお店ですが
事前に予約していたおかげで、すぐに席に着くことができました。

注文したのは、熊本名物・太平燕。
コクのあるあっさりスープが
具と春雨と揚げ卵に絶妙にマッチングしています。
とても美味しくいただきました。

 

余談ですが、お店から見えていた郵便ポストが気になったので
近くまで行ってみたところ、こんな形でした。

20150621_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがはお城の町・熊本。
石垣まで再現。

 

さて太平燕+αでお腹は膨れましたが
「甘い物は別腹だよね」という全会一致の結論により
お隣のSWISSでデザートタイム。

20150621_02

 

 

 

 

 

 

 

セミナーに備えて
各々ケーキやパフェで脳の栄養を補給。
さらにコーヒーでしゃっきりしたところで
熊本県立美術館へ向かいます。

 

途中、お城が見える二の丸広場から
熊本城おもてなし武将隊の立花宗茂さんに念を送る。

20150621_04

 

 

 

 

 

 

 

ビビビビビ。
そのうち三日月模様の夏衣装を見に行きますね。
ビビビビビ。

よし。

 

さて、まもなくセミナー開始という会場では
想定以上の参加者に対応すべく
椅子が次々と追加されていました。
「細川忠興」「茶道具」「講師:山田貴司」と3つ揃っていることから
たくさんの人が集まったのでしょう。

この日は、熊本城おもてなし武将隊の細川忠興さんもゲストとして出陣。
ミュージアムプログラムの初陣は
5月6日の当館イベント「戦国時代立花家甲冑体験プログラム」内の
「特別ギャラリートーク・うぃず忠興」だった忠興さん。
遂に細川家に登場。
参加者の多い4つめの理由でした。

 

セミナーでは、細川忠興のプロフィールに始まり
忠興ゆかりの茶道具について、
伝来品の画像や文書史料を使って
講師の山田さん、ときにゲストの忠興さんから
わかりやすく、かつ楽しく紹介されました。

 

なお、人気講師・山田さんは
本年度第5回立花家史料館文化講座(1月開催)でも
講師をしていただくことになっています。
タイトルは「清正と宗茂、二人にとっての関ヶ原合戦」。
なんて魅力的なタイトルなんでしょう。
みなさんのご参加をお待ち申し上げております。

 

あっという間の一時間だったセミナーが終わり
お見送りが一段落したところで
忠興さんに、臥龍梅と鴬の柄の夏衣装を見せていただきました。

20150621_06

 

 

 

 

 

 

 

左肩の鴬が忠興さんで、右袖の鴬が奥様のガラシャさんだそうです。

 

後編に続く。

 

【次回予告】
展覧会で茶わん三昧。これはまさしく「まつり」だ!
その後、旧細川刑部邸でぐるぐる廻る我らが感じたこととは…

▲ページの先頭へ

蘇鉄の散髪

2015/5/13

今日は朝から、柳川藩主立花邸御花の施設管理・志岐さんが
蘇鉄の葉を刈り込んでいました。

 

20150513_01

 

 

 

 

 

 

この蘇鉄は、西洋館や大広間の完成と同時期の
明治43年頃に植えられたものです。

立花氏庭園の蘇鉄は毎年5月頃に葉が刈られ、丸坊主になります。
理由を聞いたところ
志岐さん曰く「暑かけんが、涼しくするため」。

つまり古い葉が残った状態で新しい葉が出てくると
葉が多くなり過ぎ、見た目も悪いから、ということでした。

 

20150513_02

 

 

 

 

 

 

 

お昼前には、刈り込みが進んで
だいぶすっきりしていました。
いまは丸坊主ですが
すぐに新しい葉がわっさわっさと生えてきますので、ご心配なく。

 

ちなみに、蘇鉄の散髪は昔から行われていたようです。

 

20150513_03

 

 

 

 

 

 

 

大正~昭和初期の写真。
正面より少し右に、刈った葉を束ねている人が見えますので
すっきり丸坊主になったばかりの蘇鉄を写したものでしょう。
(ちなみに蘇鉄の前には仔犬が座っています)

 
立花邸の蘇鉄は、100年前から今日まで変わらず
こざっぱりした姿でみなさんをお迎えしています。

▲ページの先頭へ

殿の帰還、そして旅立ち

2015/3/13

おなじみ「今日の宗茂くん」 の元絵でもある
立花家史料館所蔵の立花宗茂像は
立花家とも縁の深い大徳寺の152世蘭渓宗瑛が着賛し
宗茂の十三回忌のために制作されたと考えられます。

 

このたび公益財団法人立花財団では、この立花宗茂像の修復を行いました。
修理を手がけてくださったのは、熊本の冨永米山堂さん。

20150313_03

 

 

 

 

 

修理の内容が報告書に詳しく記されています。

 

経年劣化していたところは、補絹や剥落止めされ
表具はふさわしいものに改装されました。

20150313_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいになって、おかえりなさい。

 

さて帰ってきたばかりの殿ですが、その2日後には、また旅立っていきました。
3月28日から開催される「大 関ヶ原展」に展示されるためです。

おそらく三代藩主・立花鑑虎の時代に大徳寺から立花家に戻され
その後の長い間を、柳川で過ごした立花宗茂像。
初めてのお江戸です。

修復後初のお披露目となる今回の展示。
近郊の方は、ぜひお出かけください。

 

なお当館所蔵の立花宗茂像が展示されるのは
東京会場(江戸東京博物館)と福岡会場(福岡市博物館)の2会場です。
九州近郊の方は、8月7日の福岡会場の開会をお楽しみに。

 

▲ページの先頭へ

熊本から福岡大名トリオがやってきた

2015/2/15

先週、立花家史料館に素敵なお客様をお迎えしました。

20150215_03

 

 

 

 

 

 

熊本城おもてなし武将隊の(右から順に)立花宗茂さん、細川忠興さん、黒田官兵衛さんです。

ちなみにこの写真では、官兵衛さんが花、忠興さんが文、宗茂さんが武を担当(?)しています。

宗茂さんと忠興さんは昨年の10月以来2回目、官兵衛さんは初めてのご来館です。

 

福岡の大名トリオ、まずは館長室へ。

20150215_01

 

 

 

 

 

 

 

前回の反省をふまえて
「狭い館長室にぎゅうぎゅうの大名ご一行様」の撮影に成功しました。
さらに館長室では誾千代の絵と、宗茂さんがご対面。

20150215_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときの宗茂さんのお気持ちが
宗茂さんのブログに掲載されていますので、是非そちらをご覧ください。

宗茂さんに「お顔つきが変わりましたね」と言うと
「顔は変わっておらんのじゃが」と照れてらしたのですが
前回のご来館時、新しい世界にまだ慣れていないご様子だったのが
半年の時を経て、ずいぶんと堂々とした雰囲気になりました。

 

史料館エントランスで、ひとしきり写真撮影タイムの後は、展示室へ。

20150215_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館長の話を聞きながら、昔のことを思いだそうとしている宗茂さん。

 

20150215_05

 

 

 

 

 

 

 

 

忠興さんと官兵衛さんは、立花家の歴史を興味深げに聞いています。

 

20150215_06

 

 

 

 

 

 

 

黒田長政から立花宗茂に贈られたと伝わる火縄銃(墨縄)を見つめる官兵衛さん。
長政の名君ぶりについて熱弁を振るうなど、息子思いの一面をのぞかせました。

 

20150215_08

 

 

 

 

 

 

 

宗茂さんが見つめているのは、雛調度の貝あわせです。
小さいので蜆と思われることが多いのですが、ちゃんと蛤です。

 

20150215_07

 

 

 

 

 

 

 

みなさん小さいものがお好きなようで
雛調度やら賀茂人形やら、楽しそうにご覧になっていました。

 

次の場所へ移動。

20150215_09

 

 

 

 

 

 

 

105年前に建てられた大広間へやってきました。

20150215_10

 

 

 

 

 

 

 

縁側で鴨を眺めながら寛ぐ大名たち。

20150215_11

 

 

 

 

 

 

 

天気のいい日でよかった。

 

観光のお客様が「何の人たちかしら」と不思議そうに見ます。
そんなとき即座に対応する姿は、さすがに「おもてなし」武将隊。
柳川に於いても発揮するおもてなしの心。

 

家政局では、お雛様とたくさんのさげもんがお出迎え。

20150215_12

 

 

 

 

 

 

かわいい飾りに囲まれて、神妙な面持ちの大名たち。

 

最後は売店「お花小路」へ。

20150215_13

 

 

 

 

 

 

 

宗茂さんが持っているのは「立花宗茂 蒸し金鍔」
忠興さんが持っているのは「立花宗茂 お餅いろいろ」
どちらも柳川藩主立花邸 御花オリジナル商品です。

 

官兵衛さんのお気に入りはこちら

20150215_19

 

 

 

 

 

「柳川御花謹製 うなぎの骨」
これも柳川藩主立花邸 御花のみで販売しています。
ひとつひとつ手洗いしているので臭みがありません。
製造は不定期ですので品切れの場合があります。
官兵衛さん、ラッキーでしたね。

 

この日は売店のリニューアル一周年記念で抽選会が行われていました。
宗茂さんもガラガラガラ。

20150215_14

 

 

 

 

 

 

5等賞・御花オリジナルハンカチが当たりました。
おめでとうございます。

 

さらに、この日は「おはなのうむすび」の発売日。
大名さんたちにも召し上がっていただきました。

20150215_15

 

 

 

 

 

 

「おはなのうむすび」は、鰻のせいろ蒸しをおむすびにしたものです。
秘伝のタレをからめたもちもちご飯に、ふっくらとした香ばしい鰻。
中には具も入っています。
あたためたばかりの「うむすび」に、いいお顔の大名たち。

 

20150215_16

 

 

 

 

 

 

食べてみて会心の一言を求められた官兵衛さんの言葉。
「本当に旨いときには言葉が出ぬ」。

 

20150215_17

 

 

 

 

 

 

売店スタッフが「うむすび」について説明中も
「うまい」が止まらない3人。

 

今回、福岡大名トリオには立花家史料館と柳川藩主立花邸 御花を
ご堪能いただけて、なによりです。
なお旅の様子は、宗茂さん、忠興さん、官兵衛さん、
それぞれのブログに詳しく書いてくださっています。

 

帰りの車、後部座席に大名3人が乗り込みました。
狭いんじゃないのかなと思いましたが「仲がいいから大丈夫」だそうです。

宗茂さんは、車の窓を開けて、見えなくなるまで手を振っていました。
次の機会を楽しみにしていますよ。

忠興さんと官兵衛さんも、もちろん他の武将さんたちも、是非またお越しください。
うなぎの骨を用意して待っています。

20150215_18

▲ページの先頭へ