Twitter
Instagram
facebook
Twitter
Search:

新しい風

2017/9/2

館長の植野から秋のご挨拶です。

さまざまな新しい風が吹き込む季節です。

吹き寄せのように近況とかこれからの事とかブログで少しお話ししたいと思います。

今年は何かが起こる年(なにしろ立花宗茂生誕450年ですから)と予感がありましたが、

ホップ・ステップを省略して大河ドラマ招致キャンぺーンが始まってしまいました。

春頃から少しづつ動き出しておりましたが、いよいよ本格始動。

 復活の武将をテーマにした不死鳥のロゴマーク

沢山の組織や大勢の力が集まって大きな動きになっているのですが、その中でも

もちろん当館は極めて頑張らなければならない立場なのは言うまでもありません。

こういった動きを受けて、

新しいイメージキャラクターとしての立花統虎(宗茂)が立ち上がったのも

驚くべきことです。(これには涙ぐましい裏方の努力があり)

突然ですが、柳川の殿の設定集から一部をご紹介します。

例えて言えば、当館を劇場とすると、史料館監修の舞台劇「宗茂と誾千代の物語」(つまり史実に基づくフィクション!です)で超ロングラン公演中の主役であるというイメージ。

ビジュアルの設定年齢は21~25歳ですが、知識と記憶の設定では宗茂の全人生について熟知しており、
宗茂が現代を生きていれば、このように振舞うであろうという説得力を持たせたいところです。その本務はあくまでも史料館の教育普及事業です。

正式の名前は、名乗り口上でもご披露しましたように「立花左近将監源統虎」あらため「立花宗茂」。

その性格は、

… ここからは長くなるので、何かの機会で披露できればと思います。きっと立花宗茂を通じて当館へ親しんでいただいている皆さまの心の中にあるイメージに近いのではないかと思っています。

…辛口スッキリの見た目ですが、けっこう天然系です…柳川の殿がですよ。

さらに、イメージキャラクターは現代に生きる男子だけでなく、イラストも制作が進行中。

このイラストが、これがよいのです。見せたい!!でもまだ見せられない、のがじれったい。

と言っていたら、作者のご厚意で、まだ準備中の沢山のイラストから一部をご披露。誾千代姫になってどんな殿が現れるか、一緒にドギマギして待ちましょう。

完成した物語を乞うご期待。

もちろん、本資料の写真もかっこいいものを準備したいと企画検討中です。

     

3種類の媒体を縦横に行き来した教育普及活動を展開してゆきますので、親しみを持って迎えていただければと願うばかりです。

そのステージは、

当館公式の新しいインスタグラム、そして宗茂と誾千代大河招致キャンペーンのポータルサイト、です。

どちらも10月から始動を目指して準備中です。頑張ってます。

新しい風と皆さまのご支援が当館の支えとなります。

 

 

 

 

 

 

 

▲ページの先頭へ

大広間修復完成記念「武士の姿」に向けて

2017/7/16

館長の植野です。

柳川藩主立花邸御花の大広間(旧立花伯爵邸)は、修復完成まであと一息です。

明治時代に立てられた和館は、天井が高く、開放的で清々しい空気に満ちています。

8月19日のイベント「武士の姿」は、立花邸御花の主催、当館監修でお送りいたします。

まず、対月館2階Over The Moon にて、皆さまには、九州戦国御膳特別版をお楽しみいただきつつ、植野から簡単な武家装束のお話しをさせていただきます。お腹空かせて来て下さい。

修復に関係する材料等、触っていただけるものもここに並べております。文化財は直接触れないものばかりですので、ここで思いっきり触っておいて下さい。

夕暮れの時間帯に大広間へ移動いただきます。この場はお客様をお迎えする畏まった空間ですので、甲冑姿は相応しくないということで、公式サポーターの立花宗茂さんをはじめ、熊本城おもてなし武将隊の方々にはこのテーマと場に相応しい姿でご登場いただき、パフォーマンスを披露いただきます。

大広間でのイベントの最中は照明を落としております。この間、皆さまに十分に鑑賞を楽しんでいただくため、撮影はご遠慮いただきたくご協力お願いいたします。ここで重要な見どころのひとつに、壁紙の金銀や金屏風がどのように見えるかということもお忘れなく。

イベントの最後に、照明を明るくしてから少し撮影のお時間を用意いたします。ただし、和室に座っての鑑賞ですので、三脚の利用はご遠慮下さい。立ち上がっての撮影も周囲の皆さまにはつらい状態になってしまいますので、座ったまま撮影をお願いいたします。公式には撮影をして公開をいたします。また取材関係者も撮影をされますのでご了解下さい。

沢山のコンテンツを短い時間にギュギュっと詰め込んだ記念のイベントです。裏方では準備が山ほどあって御花さんも当館スタッフも忙しく働いております。

おかげ様で、チケットはプラチナ並み(笑)の状況でした。涙をのんだ方もいらっしゃいます。ごめんなさい。もし、会員先行予約でまだ会員の更新がお済みでないままの方がいらっしゃったら忘れずによろしくお願いいたします。それでキャンセルになっちゃうと悲しいので。

 

どうぞ、夏バテにならないよう健康万全体制でお越し下さい、お待ちしています!

▲ページの先頭へ

生誕450年に大河ドラマ招致へスタート 

2017/6/12

館長の植野です。
今年が立花宗茂生誕450年なのは、こちらのブログでは言うまでもありませんが、その年に降ってわいたような…「立花宗茂と誾千代を大河ドラマへ」招致運動へ柳川市が手を上げました、という話題。
もちろん、柳川市も突然思い付いてのことではなく、以前より少しづつ少しづつそういった気運はありました。が、満を持して今年からの急展開ではあります。

私共の財団の重要なミッションのひとつは、武家文化の発信ですし、史料館の取り組みのひとつに立花宗茂とそれに関わる歴史を広く知って親しんでいただく、ということがありますので、

招致に向けて行政と民間がひとつになって教育普及を核としたキャンペーンを展開して取り組むことそのものに大きな意義があると思っています。大河ドラマになるかどうかは、その後からついてくることですね。

結果よりも過程が重要ということで、皆が楽しい!ワクワクする! というようなことをやりたい!と思っています。

まず、5月8日の県庁訪問のすべりだしから金子市長の意気込みが熱い、そしてチャーミングです。

実はこれにはこんな裏話が、

もともとはイメージキャラクター的な方々に宗茂と誾千代に扮していただいて、一緒に県知事訪問をしてもらっては、という希望があったのですが、諸事情によりそれが出来ないことになり…

GW直前のある日、柳川市の某氏より連絡がありました。しかも極秘の、とのこと。

一体何が…とおそるおそる聞くと

某氏「金子市長自ら宗茂に扮することになりました」

植野「エッ!? Σ(゚Д゚)」(そしてなぜ極秘事項…)

某氏「このことは、同行のメンバーにも秘密にして当日サプライズでびっくりさせたいので」

そして、この秘密のプロジェクトの全面支援をすることになりました。

市長はGWの間、口上の練習をして、さらにダイエットまでされたとか。

この様子はこちらでご覧下さい。とても上手だったのにも驚きましたが、何よりやや緊迫した場の空気が一気に和んだのは良かったです。皆さん笑顔に。

こうやって、柳川らしい明るい招致キャンペーンがスタートしたわけです。

私たちは、常に正門を叩いて行こう!と思っています。

その後も様々に計画が進行中。それはまたこちらのブログで最新情報を発信してゆきますので、お楽しみに。

 

▲ページの先頭へ

財団からお知らせ 公式サポーター出演イベント

2017/3/9

館長の植野です。

先月から大変慌ただしい毎日であっと言う間に3月。立花宗茂生誕450年が、まだ何もしていないのに、もう三ヶ月も過ぎてしまった…。焦ります。

(実際は舞台裏では様々な事が進行中で大騒ぎになっているのですが)

特別展や、関連イベントの準備もありますが、第一弾は5月14日(日)に柳川水の郷ホールで開催される「小説無双の花 朗読舞台」

上映会だけでなく、小説のその後を朗読する舞台も(柳川市の皆さまの大きなリクエストにより)用意いたしました。

今回はネット予約はいたしませんが、整理券は史料館受付で4月1日より事前配布の予定です。お一人につき5枚まで配布出来ますので、ご家族やお友達の分もいかがでしょう。

 

ここでも活躍中の公式サポーターの立花宗茂さんですが、

実はこのサポーター活動は昨年9月に一年間ということでスタートしましたので、8月末までとなっています。

まだあと半年近く先のお話しですが、そういう訳ですので、ひとつひとつのイベントはどうぞお見逃しなく、お越し下さい。

その次の450年記念イベント8月26日(土)開催予定「武士のすがたをみよう」は、公式サポーターとして最後の登場、見逃せない舞台を用意しています。

こちらは、国指定文化財でもある立花邸大広間の百年に一度の大修理完成記念として、大広間の中で夕暮れから夜にかけて、昔の灯りの中、中世武士の姿を感じていただきたいと思っています。格式のある室内ですので、それに相応しい常とは違う装束にもご期待下さい。初代公式サポーターさんへ感謝の思いを込めて、様々な特別を準備しています。

邸宅内ですので、入室人数には制限があり、別室での夕食には料金がかかることになるだろうと思います。詳細は計画中。

お申し込み方法については、近日中にまたお知らせしますので日程を確保の上お待ち下さいね。

熊本城おもてなし武将隊の立花宗茂さんは、もちろん9月からも熊本で活躍されることと思いますので、柳川からエールを送ります!

▲ページの先頭へ

館長~「いい夫婦の日」に戦国最強の夫婦

2016/11/22

館長の植野です。

今日1122日はいい夫婦の日。

 

そして、昨年は某アンケートで忠興・ガラシャ夫婦に完敗をしたことを結構根に持つ私は、宗茂・誾千代についてちょっと振り返ってみることにしました。

やっぱり知名度ですよね。いまだに「誰?」って言われること甚だ多いのが心外ですが、こちらの努力がまだまだ足りないのだと思い返し、今期はペア押し、大プッシュで行きたい!と決意を新たにしました。

 

立花宗茂と誾千代、この二人の生い立ちをここで詳しく説明はいたしませんが、

ネット上でも、いろんな雑誌でも「二人は不仲」説が大変に多いのです。

なわけで、誾千代は柳川城ではなくて宮永村に屋敷を建ててずーーと離れたところで別居していた、という話になっております。(実際は宮永の館は柳川城のすぐ近くだし、水路で繋がっていたと思えるし、海のそばだった)

こともあろうに、不仲だから子供がいなかったとか言われる始末。今時こんな危険な意見はあっちへ置いといて、この不仲説は真実か?

平成2522()414()特別展「誾千代姫伝説と立花家記」でご紹介しましたが、

p_ginchiyo

宗茂の正室誾千代は、確実な史実を伝える資料に乏しく、謎の多い生涯と言わざるをえません。この展覧会は、誾千代姫伝説の謎を、誾千代が生きた時代と取り巻く人々のわずかな手掛かりを通して考え、1次資料からどこまでが確実に言えるのかを検証してみました。

 

結論から言うと、夫婦仲のことなどわからないのです。

不仲を示すような確実な史料などどこにもありませんでした。だからと言ってラブラブという史料もないわけですが。

二人が不仲という文言が出てくる後世の聞書き等の文書はいくつかあります。何がその典拠なのか、曖昧ではありますが、『浅川聞書』(宗茂家臣、浅川安和が自らの見聞をまとめたもの)がその出現の最初の頃ではないかと思われます。後の史料はそれをもとにして作っていると考えられます。(長くなるので『浅川聞書』についての話は別の機会にやらせていただきますね)

研究者から一定の評価をもって引用されている『豊前覚書』(宗茂家臣、城戸清種が、誾千代の守役を務めた父、城戸知正の武勇談や自らの見聞等を記したもの)には、そのような記述は全くありません。

なぜ、別居とか不仲とか言われるようになっていったのか、

中野等氏は、宗茂と誾千代との「別居」は単に個人間の問題ではなく、背景に誾千代をいただく勢力と宗茂を中心とした勢力との隠然たる対立を想定することも可能かもしれません。(『新柳川明証図会』より)と述べています。

 

そうだとすると、少々泣けますね。

 

共にあの厳しい時代を必死に生き抜いて立花家を守ってきた二人。

生きて柳川に帰る事叶わなかった誾千代のために良清寺を建立し、「茶湯等の儀、懈怠あるべからざる者也」と寄進状にしたためた。

121%e7%ab%8b%e8%8a%b1%e5%ae%97%e8%8c%82%e5%af%84%e9%80%b2%e7%8a%b6%e5%86%99%e5%85%83%e5%92%8c8%e5%b9%b4-%e7%ab%8b%e8%8a%b1490

やはりいい夫婦の日にもう一度紹介したいと思いました。

 

葉室麟 小説『無双の花』朗読イベントでは、沢山の観客が二人の別れのシーンに涙してくれました。

2部の葉室さんのトークショーでは、「宗茂の小説を書いているうちに誾千代さんが好きになってきて、誾千代へのラブレターのつもりで書いていました。」というコメントがあり、だからこその説得力なのですね。

 

研究者や学芸員では埋められない史実の空白部分を小説家は一枚の美しい布に織り上げてくれました。そこに立ち現れた宗茂と誾千代は、こうありたいという夫婦の結晶のような二人でした。

小説と史実、その絡み合いの中に新たな戦国最強の夫婦のイメージを膨らませていただければとの思いで取り組んだ朗読の舞台でしたが、舞台の上の宗茂さんと誾千代さんは、まさに416年前に別れた頃の二人を彷彿とさせてくれたと思います。

 

 

▲ページの先頭へ

『無双の花』朗読イベントの一日は

2016/11/15

1113日 葉室麟 小説『無双の花』朗読イベント当日のお話をしたいと思います。

8月から続いた読み合わせの稽古、裏方はその間着々と準備を進め、前日の夜遅くまで作業をし、当日は朝9時から会場入です。

通しのリハが始まりました。

 dsc04514

実はその時まで、ミスがあったりしたのですが、

流石に本番では皆さんノーミスで仕上げてこられました。

 

dsc04516

ロビーで『無双の花』販売の準備中の御花売店の平川くん。

本当に沢山お買い上げいただいたと報告がありました。良かった。

 

dsc04518

 

大型バナーも設置完了。これは、当日会場での撮影等が禁止のため、記念撮影用にと作ってみました。またどこかでお目にかけることになるかもしれません。

 

次第にお客さんの列が出来、駐車場もすごいことになり、会場は満杯になってゆきます。

 dsc04530

開演前に流す告知画像を作ったのですが、

そこで、注意事項もと考えて…そうだ、ツイッターでのリレー告知の時に、果敢に参加してきた庄林隼人さんに(もしかしたら出るかもしれない…などと言ってたことだし)映画泥棒やっていただこう!となりましての登場でした。

どうもありがとうございました。

 dsc04540

 

そして、開演です。

 

私は、裏方でしたのでほとんど会場の様子がわからなかったのですが、涙する方も多かったと聞きました。

dsc04525

著作権の関係上、フリーでの撮影録音は禁止でしたが、主催者での記録は万全の体制で行っております。動画撮影は、柳川フィルムコミッションの風間さんが大活躍でした。ありがとうございました。

 

特別に、事務局撮影の画像を少しご覧いただきます。

 

dsc04548 dsc04550

dsc04571

 

舞台袖での朗読出演者の皆さまは気合と同時に大変な緊張状態で、声をかけることもためらわれるくらいでした。

今までで最高の出来!

(私は声しか聴けませんでしたが)

 

後で後援者の皆さまにおうかがいしたところ、正直言ってこれほどのクオリティーとは思っていなかったと驚かれている方が多かったです。

 

私が一番気になっていた、葉室さんの感想は…

朗読終了後、舞台裏での第一声が「よかったよ!」

きっと優しい気遣いも含んでおられるのだと思いますが、うそではないと感じられる言葉に心底ほっとしました。

心から感謝いたします。

 

文藝春秋の池田さんからも、この朗読スタイルは今まで見たことがなく新鮮だったと評価をいただき、「いい若者たちでした」という言葉もありました。

 dsc04561

dsc04563

2部のトークショーでは、とても素敵な3人のおじさま方にによる軽妙で面白い、そして深いお話をいただきました。

個人的に一番印象に残ったのは、葉室さんの「…あと、一歩」でした(笑)

これが何も意味しているのか、は、来年514日の上映会をお楽しみに。

 

その、あと一歩が、すごく大股の一歩かもしれません。

 

最後の武将隊演舞は、会場の手拍子に驚いた、という地元のおじ様方の言葉がありました。一階モニタールームの方々には大変見づらくて申し訳なかったのですが、それでも楽しそうに手拍子をされるご年配のお客さまが多かったと聞いてうれしかったです。

dsc04578

 

dsc04552

これに懲りずに上映会に来て欲しいです。

今度は大画面ですごく綺麗に編集された特別版をご覧いただけますよ。

 dsc04584

勝鬨での会場の様子は、この写真で私は初めて見たのですが、

いかに皆さん気分が上がって楽しんでいるのかがわかりました。よかった。

 dsc04592

お見送りでは、安堵の表情も見えます。お疲れ様でした。

来ること叶わなかった方も、ぜひ上映会にチャレンジしてみて下さい。

期待以上のものをご提供できるよう準備を進めております。

来年、平成29514日は、柳川へ。

s__13959171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページの先頭へ

戦国最強の夫婦 朗読イベントスタンバイまで

2016/11/13
こんにちは。
館長の植野です。
立花宗茂450ブログは、平成29年12月から開催予定の立花宗茂生誕450年記念特別展「立花宗茂と柳川の武士たち(仮題)」会期終了までの期間限定、立花宗茂に関わるさまざまな人たちの話題を集めてお送りします。
%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc-out記念すべき一回目は、そのプレイベント―葉室麟 小説『無双の花』朗読イベント― 開催日の今日。
とはいえ、超絶に慌ただしい日にやろうという暴挙に出たため、慌てています。
今日のイベントにご参加いただいた皆様、楽しんでいただけましたでしょうか。
その舞台裏から、少しお話を。
「朗読をやりたい」と思ったのは一年以上前のことです。
準備期間中には様々なことがありました…話せば長くなり過ぎますので(中略)…。
懸案だった誾千代姫も、灯台下暗し、柳川にこんな素敵な演者がいたとは―観光柳川キャンペーンレディ水の精―として頑張っている橋本あかねさん。
と、もしや身長が殿より高いなどということは…と心配してチェック。
おおっ!絶妙に殿(熊本城おもてなし武将隊の立花宗茂さん)より4cm低い! 合格!
植「この数字、盛ったり引いたり、あるいは伸びたり縮んだりしてませんよね?」
宗・誾「はい!大丈夫です」
胸をなで下ろしたのでした。 (これはきっと神様が遣わした二人に違いない)
秘密の草鞋を履いていただかなくてすみました。
その後、出演者の皆さま激務の中、読み合わせの稽古を重ねて次第に仕上がってきました。
(稽古中の風景はR400指定ということで公表できません)
朗読の奥深さや難しさ、この期間に深く感じました。
著者の葉室さんには、読み仮名をどうするのか、
例えば「武士」は「ぶし」「もののふ」どちらか、
「日本」は「にほん」「ひのもと」どちらか、等、
ルビを振っていない以上、こちらで勝手には出来ないと思い、確認をさせていただきました。
葉室さんは「読者が小説を読んでいるときにはそれぞれで流れのよいように脳内で読まれているだろうけれど、舞台にかける場合には少しインパクトの強い読み方にしてもよいのでは」
とおっしゃられました。なるほど。
そして、寛容にも当方にお任せ下さるとの有難いお言葉も。
つまり、今日の朗読舞台は、葉室さんの小説『無双の花』に、当方の解釈が乗っかった表現というわけです。<おしきせ>と言えるかもしれません。
文字の表現と音の表現は違いますね。
最もややこしいと思ったのは、
小説の登場人物、つまりその台詞の朗読者をそれぞれ、熊本城おもてなし武将隊で該当人物にあたる方に担当していただくこと。
一見簡単そうなのですが、
武将隊の官兵衛さん、清正さん、宗茂さんが、
史実をもとに葉室麟さんが小説の中で作り上げた如水、清正、宗茂を演じなくてはならない…というのはかなり難しいことなのです。この両者はイコールではないけれども、どこか本質的に繋がっていて欲しいとは思ってのぞみました。
皆さんにも両者を比較して、さらに歴史の扉を次々と開いて奥へ進んでいただきたいです。そのためには、小説『無双の花』を読み込んでいただけたら嬉しいです。
そういう意味では、
由布雪下を武将隊の忠興さん、十時摂津やその他の家臣を儀太夫さんが演じて下さったのはやりやすかったように思います。お二人とも上手い!立花の家臣たちが生き生きと蘇ってきてくれました。
そして、隼人さんもご協力ありがとうございました。ついにこの日がきました(笑)
dsc_0204
よい舞台にするため最後のリハまで綿密にチェックをする演者のみなさま。
舞台袖では真剣そのものの厳しい、そして緊張した表情でした。
dsc_0206
トークショーでは、作者の葉室麟さん、文藝春秋の池田さん、立花理事長の3名で、朗読無双の花の感想からお話しがスタート。とてもよいお話しをされていたのですが、会場に来られなかった方は気になりますよね。
そこで、
来年5月14日に今回のもようを上映会でご覧いただけるように準備中です。
詳しくはHPや、こちらのブログからもお知らせしますのでお待ちください。
会場からブログをアップしたかったのですが、機器の不調によりこんな時間、ぎりぎり13日となりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
s__13959173
最後は戦国最強の夫婦、宗茂と誾千代の朗読後のほっとした充実感ある写真でお別れです。
立花財団立花家史料館から植野がお送りしました。

▲ページの先頭へ