facebook
Twitter
Twitter
Search:

大広間修復完成記念「武士の姿」に向けて

2017/7/16

館長の植野です。

柳川藩主立花邸御花の大広間(旧立花伯爵邸)は、修復完成まであと一息です。

明治時代に立てられた和館は、天井が高く、開放的で清々しい空気に満ちています。

8月19日のイベント「武士の姿」は、立花邸御花の主催、当館監修でお送りいたします。

まず、対月館2階Over The Moon にて、皆さまには、九州戦国御膳特別版をお楽しみいただきつつ、植野から簡単な武家装束のお話しをさせていただきます。お腹空かせて来て下さい。

修復に関係する材料等、触っていただけるものもここに並べております。文化財は直接触れないものばかりですので、ここで思いっきり触っておいて下さい。

夕暮れの時間帯に大広間へ移動いただきます。この場はお客様をお迎えする畏まった空間ですので、甲冑姿は相応しくないということで、公式サポーターの立花宗茂さんをはじめ、熊本城おもてなし武将隊の方々にはこのテーマと場に相応しい姿でご登場いただき、パフォーマンスを披露いただきます。

大広間でのイベントの最中は照明を落としております。この間、皆さまに十分に鑑賞を楽しんでいただくため、撮影はご遠慮いただきたくご協力お願いいたします。ここで重要な見どころのひとつに、壁紙の金銀や金屏風がどのように見えるかということもお忘れなく。

イベントの最後に、照明を明るくしてから少し撮影のお時間を用意いたします。ただし、和室に座っての鑑賞ですので、三脚の利用はご遠慮下さい。立ち上がっての撮影も周囲の皆さまにはつらい状態になってしまいますので、座ったまま撮影をお願いいたします。公式には撮影をして公開をいたします。また取材関係者も撮影をされますのでご了解下さい。

沢山のコンテンツを短い時間にギュギュっと詰め込んだ記念のイベントです。裏方では準備が山ほどあって御花さんも当館スタッフも忙しく働いております。

おかげ様で、チケットはプラチナ並み(笑)の状況でした。涙をのんだ方もいらっしゃいます。ごめんなさい。もし、会員先行予約でまだ会員の更新がお済みでないままの方がいらっしゃったら忘れずによろしくお願いいたします。それでキャンセルになっちゃうと悲しいので。

 

どうぞ、夏バテにならないよう健康万全体制でお越し下さい、お待ちしています!

▲ページの先頭へ